水虫の末期爪水虫

水虫は足にでき、足の指の間や指先にできやすい物です。水虫の原因は白癬菌というカビの一種が感染することで、かゆみが主な症状です。また、痒みはなく足の皮が剥けたり、水疱ができることもあります。この水虫は足の皮膚だけではなく、爪にまで感染します。これが爪水虫と呼ばれ、水虫の末期だと言われています。
爪水虫はとても厄介で、通常の水虫でも治療に2~3か月かかると言われていますが、爪水虫の場合には1年以上の年月がかかる場合もあります。白癬菌が爪に感染すると、爪に白い濁りや黄色い変色が起こったり、足の爪が分厚くなって、爪切りなどで爪を切ることが難しいといった症状が出ます。かゆみなどは特に感じないため放置されがちですが、そのままにしておくことで白癬菌はずっと繁殖し続けるため爪は綺麗にはなりません。また、白癬菌は風呂用マットなどからも感染してしまうため、家族に白癬菌を写してしまう可能性もあるのです。女性の場合はフットネイルや足のマッサージなどを断られることもあるため、早期に治療をしておきましょう。
治療方法は飲み薬を使用することが多く、飲み薬でも効果がなかったり、薬の服用ができない人の場合にはレーザー治療が行われることもあります。爪の白癬菌に感染している部分はボロボロになったり分厚くなったり色が白っぽくなったりしてしまうため、感染してしまった爪が伸びきってしまうまでは油断できず、長い人の場合では1年以上の治療期間を要することもあります。また、爪に感染してしまった場合の飲み薬は薬局やドラッグストアでは販売していないため、病院に行って処方してもらう必要があります。また、飲み薬のため副作用が起きることもあります。